―食品製造者、卸業者の食の安全・品質管理を支援します―

5. 重金属・有害物質分析

特徴

自然界には人体にとって有益な金属・有害な金属が存在します。食品の中にある亜鉛のような金属を限度を超え摂取すると食中毒等の原因となるおそれがあり、ヒ素やカドミウムのような毒性の強い物質は、食品衛生法により規格が定められています。
食品が、人体に有害な金属(鉛、カドミウム、水銀など)から基準値以上に汚染されていないかを調べることで、その安全性の検査を行います。

所要日数と料金

◆ 重金属・有害物質

検査項目 所要日数
(営業日)
検査料金 必要量
(目安)
備考
カドミウム 10 ¥5,000 100g以上
10 ¥5,000 100g以上
ヒ素 10 ¥7,000 100g以上
スズ 10 ¥5,000 100g以上
総水銀 7 ¥8,000 100g以上
重金属(Pbとして) 8~11 ¥5,000 100g以上
メチル水銀 7 ¥20,000 100g以上
PCB(ポリ塩化ビフェニル) 7 ¥25,000 100g以上
総アフラトキシン 7 ¥20,000 100g以上
ジェオスミン 7 ¥20,000 100g以上 同時検査:¥30,000
2-メチルイソボルネオール 7 ¥20,000 100g以上
ナフタレン、メチルナフタレン セット 10 ¥25,000 100g以上
αソラニン 7 ¥20,000 100g以上 同時検査:¥24,000
αチャコニン 7 ¥20,000 100g以上